MLMのニュースキンはヤバイ?話題の製品の評判と報酬プラン!

男子

ニュースキンのMLMはやばいのか知りたい!

女性

話題の製品の評判と報酬プランが知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • MLMのやばいと噂のニュースキンってどんな企業なのか
  • MLMのニュースキンがやばいと言われることがある理由
  • ニュースキンに違法なやばい手口で勧誘された体験談
  • MLMのニュースキンにハマってしまった後のやばい未来
  • 【体験談】 ニュースキンのやばいと言われる勧誘の上手な断り方
  • やばいと言われるニュースキンの売れ筋商品の特徴と評判
  • MLMのニュースキンの報酬プラン
  • MLMのニュースキンは稼ぎやすいのか
  • 私が活動しているMLM(ネッワークビジネス)をご紹介
こうじこうじ

本記事の信頼性

MLM研究所では、「キャリア30年のカリスマ講師より
MLM成功法を学んだ」こうじが監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

ニュースキンはMLM(ネットワークビジネス)の会社では【2020速報】MLM売上ランキング売上第5位(2018年10月〜2019年10月推計)の大手ですから、ご存じの人も多いはずです。

ニュースキンはMLM(ネットワークビジネス)の1つですが、会員勧誘の手口が強引だと言う話も耳にします。

「怪しい」「ネズミ講じゃないの?」「やばい」と言うような噂も飛び交っています。

しかし、ニュースキンの製品は評判が良く、日本だけではなくハリウッドや韓国の芸能人やセレブにも多くの愛用者がいるそうです。

ブーちゃん

そこで、今回はニュースキンの評判や、体験談を通してニュースキンの真実に迫ってみたいと思うんだブ~

人脈が無限に増える!ネット集客を使ったリストを集める方法知りたくないですか?

あなたの知らない成功法

MLMのやばいと噂のニュースキンってどんな企業?

 

ニュースキンってどんな会社(企業)?

ニュースキンは、1984年設立のアメリカ合衆国ユタ州を拠点とする化粧品・美容器・栄養補助食品の開発製造・販売を行っている会社(企業)で、正式には、ニュースキンエンタープライズ社といいます。

現在、約50の国と地域でMLM(ネットワークビジネス)を展開しています。

会社名ニュースキンジャパン株式会社
Nu Skin Japan Co., Ltd.
開業年月日
1993年4月23日
代表取締役社長
小林 和則
事業内容パーソナルケア製品、栄養補助⾷品、⽣活関連製品の製造・輸⼊・卸売販売と、インターネット関連サービスの提供
販売⽅式ディストリビューターの⼝コミによるダイレクト・セリング(直接販売)
資本金17億6,000万円

ニュースキン製品誕生のきっかけは、創業者であるブレイク M. ローニーの姉が投げかけた素朴な疑問、「なぜ、人の肌にとっていいとされる成分だけで作られた製品がないのかしら?」の一言だったそうです。

これを機に、ブレイクは、肌にとっていいものだけの成分リストをつくり、納得のいく製品を完成させます。

その時のリストが、今のニュースキンの「All of the Good, None of the Bad.(あなたにとって良いものだけを)」の理念に象徴される数々の製品の原点となっているようです。

世界のForce for Goodになること。

これが、ニュースキンの目標だそうです。

努力が形になるビジネス、革新的な製品、人間性を高める文化、それらを通して人々がより豊かになるための力になることを目指しているとのことです。

MLMのニュースキンジャパンって?

ニュースキンは、1993年に日本にも上陸し、世界の7番目のマーケットとして港区芝にニュースキンジャパンインク日本支社の名で日本での運営を開始しました。

その後、オフィスを新宿に移し、1995年にはニュースキンジャパン株式会社に社名を変更し、日本法人となっています。

現在は、横浜、名古屋、大阪、福岡に支店があります。

支店は、エクスペリエンスセンターと呼ばれ、ニュースキンによるとこれらは製品を実際に試してもらう場所として考えられているようです。

肌の状態が客観的にわかるVISIA(ビジア)や栄養状態をセルフチェックすることができるファーマネックスバイオフォトニックスキャナーを常設しています。

無料だそうなので、ちょっと試してみたいですね。

コロナウィルス対策の支援について

ニュー スキンは、コロナウィルス対策の支援にも積極的に取り組んでいて、イタリア、スペイン、中国、日本、フィリピン、インドネシア、韓国、香港、台湾、タイ、シンガポールなどへの支援活動が報告されています。

世界中で必要とされる支援を素早く行うことができるということは素晴らしいことです。

会社のポイント
  • アメリカユタ州で創業。
  • 化粧品、美容器、栄養補助食品など、幅広い製品を取り扱っている。
  • 社会貢献に力を入れている。

MLMのニュースキンの総評

1993年に⽇本上陸、その4年後の1997年には850億円という最⾼売上を達成しますが、その後は年々減少、現在は全盛期の4分の1となっています。

ただし減少にあるのは国内であり、ニュースキン全体では増収となっています。

しかしそれでも、国内MLM(ネットワークビジネス)企業ランキングでは常時トップ5に⼊っているトップ企業です。

会員数は⾮公開ながらおおよそ10万⼈〜20万⼈と⾔われています。

国内のセールスリーダー数も減少

⽇本市場のセールスリーダーが、前年⽐で-10.8%と2ケタ減って5,900⼈(前年同期は6,600⼈)。

新製品を投⼊するもセールスリーダーの減少で売り上げにつながらず新製品が売上げに貢献せず2018年度も減収し、五期連続減収となっているようです。

商品別売上構成⽐においては、⾮公開ながら化粧⽔や乳液など、化粧品がその多く占めていることがAmazonの商品売上などから予想されます。

サプリメントが上位を占めているアムウェイとの違いはこの辺にあるようです。

MLMのニュースキンがやばいと言われることがある理由

MLMのニュースキンがやばいと言われることがある理由

ニュースキンがやばいと言われることがある理由について4つご紹介します。

勧誘がしつこい場合がある

ニュースキンがやばいと言われることがある理由の一つとして、勧誘のしつこさが挙げられることがあります。

ニュースキンの商品を販売したり、会員数を増やすために必死に勧誘をしなければならない状況に立たされている会員が多く、時にはしつこい勧誘や強引な勧誘をしようとする人も見られます。

中でも、ニュースキンの会員になった友人が身近にいる場合、かなり高い確率で勧誘をしてくるでしょう。

勧誘してくる相手が友人の場合、きっぱりと断りにくいこともあり、何度も声をかけられていることで、結果的にオファーを受け、ニュースキンに参加せざるを得なくなるケースもあります。

状況によっては、友人であっても強引な勧誘をする場合もあるため、ニュースキンに参加する意思の無い方はくれぐれも注意することが必要です。

会員人数が多い

ニュースキンがやばいと言われる理由として、会員数が多いことも挙げられます。

会員人数が「やばい」とされるほど多いことはニュースキンの大きな特徴の一つとしてあり、あなたの身の回りの友人にもニュースキンの会員の人がいる可能性は少なくありません。

ネットワークビジネスの運営会社としては、ニュースキンは国内で第5位の位置についているため、これからも引き続き会員人数が純増していくことが考えられます。

友人だけでなく、これから新たに出会う人もニュースキンの会員の可能性がある場合があるため、勧誘を受けたくない人は、不特定多数の人が参加する飲み会やセミナーなどに行く際には十分に注意をすることが重要です。

世間的なイメージが良くない場合がある

ニュースキンに限らず、ネットワークビジネスがそもそもやばいという認識が広まっていることも、ニュースキンがやばいと言われる原因として挙げられます。

ネットワークビジネスは以前から、世間的な印象があまり良くない、という状況が続いていることが挙げられます。

中には、「ネットワークビジネスに関与している人とは距離を置いておきたい」と考える人も少なくありません。

特にニュースキンに興味を持って会員になってしまった場合、他の友人から敬遠されてしまうようになってしまう場合もあります。

ニュースキンのビジネスだけではなく、ネットワークビジネスそのもののイメージが世間的にはあまり良くないことは理解しておく必要があります。

ディストリビューター規約違反の処分が291人

そしてある意味MLM(ネットワークビジネス)の宿命でもありますが、ニュースキンには様々な噂がネット上にあります。

これはあんまりだと思ったのが、

  • 「ニュースキンは有名なねずみ講です。社会常識ですよ」
  • 「ニュースキン勧誘されました。私も被害者です。被害を受けた⼈⼀緒に戦いましょう」
  • 「ニュースキン⾏政処分で業務停⽌だってよ。ねずみ講ザマァ」

みたいな書き込みです。

ニュースキンが有名なねずみ講ってどこ情報の社会常識なのか、まずねずみ講とMLMの区別がついていないように感じます。

勧誘が嫌いな⼈はいますが、勧誘されただけで被害者扱いは単なるクレーマーだし、あとニュースキンは⾏政処分や営業停⽌はネット上を探しても根拠がなく、少なくとも直近ではされていません。

ネット上のほとんどの悪⼝や悪評がレベルの低い嫌がらせレベルです。

しかし、中には真実味のある話もあって、それが291⼈が会社から処分を受けたという噂!

探してみるとソースが⾒つかりました。

ニュースキンインターナショナル社(以下、ニュースキン)が、コンプライアンス活動に関する状況を発表しました。

ニュースキンでは、事業運営における法令遵守(コンプライアンス)、また一般消費者および顧客の保護に積極的に取り組んでおり、ディストリビューターに対して、ビジネス活動においてコンプライアンスおよび消費者保護を徹底するよう指導している。

ニュースキンは、効果的なコンプライアンス活動を行うため、以下5つの分野に力を入れている。

  1. ディストリビューター規約
  2. 教育とトレーニング
  3. コンプライアンスの監視
  4. 規約違反に対する厳正な措置
  5. 評価と監督

ニュースキンは、代表取締役社長を最高責任者とするディストリビューターコンプライアンス調査委員(DCRC)を設置し、ディストリビューターの活動を検証・監視している。

DCRCの目的は、ディストリビューター規約の策定と管理、ビジネス活動の指導、特定商取引法および薬事法に関するコンプライアンス監視、関連法規の遵守により社会的評価(レピュテーション)を高める、ディストリビューター契約書の各条項を履行すること。

2011年1月から12月までの間に、規約違反に対して以下の措置を行った。

2011年1月から12月までの間の年間で291⼈に規約違反に対して以下の措置処分
多くは教育セミナーなどへの参加ですが、14⼈には解約という最も重いペナルティが課せられました。

さらにディストリビューター報酬についての書⾯でも、簡単に楽に⼤⾦を稼げるようなものではないと明⾔しています。

処分は実際にあったことですが、その理由はニュースキンでの勧誘活動を健全化するためなのは明らかです。

ニュースキン⾃体がこのように⾮常に真摯にビジネスに取り組んでいるのは事実だと思いますが、それでも噂って怖いもので、噂のせいで⼤変なことになったようです!

ニュースキンに違法なやばい手口で勧誘された体験談

ニュースキンに違法なやばい手口で勧誘された体験談

私は、ニュースキン会員の知人から勧誘された経験があります。

本記事では、勧誘された時の体験談と感じた事、勧誘の手口をまとめました。

ニュースキンは会員の紹介で成り立つMLM(ネットワークビジネス)で合法ですが、信用や友達を無くす可能性が高くおすすめしません。

ニュースキンの勧誘を受けた体験談

早速ですが、ニュースキンの勧誘を受けた時の体験談を紹介していきます。

同じ体験をした人も居ると思いますし、これから勧誘される人がいたら参考にして貰えればと思います。

誘ってきた人や状況、勧誘手口について

誘って来た人は過去にアルバイトで一緒だった3つ上の先輩。

社会人になって1年ほど経った時に、アルバイトで関わりのあった先輩から「飲みに行こう」とお誘いがありました。

その方はアルバイトをしながら”健康商品のコンサルタント”をやっていると、一緒に働いてた時から言っていて、個人で事業をするってどんな感じなのか興味があり割と話す方でした。

バイトの集まりで一緒に飲んだ事はあるものの、2人で飲みに誘われたのはその時が初めてで、私も今後の働き方に疑問を持ってる時期だったので、楽しみに向かいました。

当日は、世間話や近況報告を話してましたが、終わりがけにお誘いが・・・

「今度、お世話になっている経営者が登壇するセミナーがあるから来ない?」

ビジネス系の勉強会と誘われた、このセミナーこそニュースキンのセミナー。

そんな事とはつゆ知らず・・・

経営やビジネスの勉強になればという事で、行きますと伝えて当日を待ちました。

サクラばかりの異様なセミナー

セミナーの会場は東京のとある区が運営している某施設。

着くと”お世話になってる経営者”と言う、40歳くらいの方を紹介されて挨拶し、この時点では、特に違和感なく普通のセミナーとあまり変わらない印象です。

ニュースキンの文字はどこにも書いておらず、勧誘されるなんて知る由もありません。

セミナーは休憩を挟んで2部構成とのことで、早速、1部目が始まります。

1部目は今後のビジネスや経済の話が中心でした。

  • 講師の生い立ち
  • 講師がビジネスを始めたキッカケ
  • 経済の仕組みについて
  • ビジネスの今後について

この時点ではニュースキンやMLM(ネットワークビジネス)のことは特に出て来ないものの、若干の違和感に気が付き始めます。

違和感とは、大げさなリアクションを取る”サクラ”が沢山いること。

講師のちょっとした冗談にも異常なまでに反応する客席を見て、まだ確信までには至らないものの「おやおや?」って印象です。

そんな中、セミナーの1部目が終わり2部へ。

そこでいよいよMLM(ネットワークビジネス):ニュースキンの勧誘だと明らかになります。

ニュースキンの宣伝が始まる

1部目はビジネスや経済の話があったものの、2部目は露骨でした。

ニュースキンという言葉もここで初めて登場します。

ニュースキンは世界中で支持されていて、世界を変える商品を作っていること。

また、紹介するビジネスの説明や会員制度について、紹介している合間も、客席にいる会員=サクラの人達の勢いは収まりません。

異様・異常なまでのリアクションで、拍手も喝采です。

私の心は裏切られた気持ちで一杯でした。

純粋に勉強したかったのに、MLM(ネットワークビジネス)の勧誘を受けてしまった悲しい気持ちです。

本格的な勧誘はセミナー後に

異様な雰囲気のセミナーは終了しましたが、勧誘の本番はここから!

同じ先輩に誘われて来ていた人(私は初対面)を含めて3人でカフェにいき、先輩の勧誘も本格的になってきます。

  • セミナーどうだったか?
  • これからのビジネスについて学べたか?
  • 将来どうして行きたいか?

こんな感じの広い感想から始まり、

  • ニュースキンのビジネスについて
  • 自分がどんな活動をしているか
  • 君も人生を変えよう

ニュースキンがいかに素晴らしいか、世界中で支持をされているかと言った、まさにMLM(ネットワークビジネス)の勧誘そのもので、完全に引いてしまいました。

会員になる場合は数十万の研修が必要とのことで、これは完全に行ってはダメなやつだと悟りました。

勧誘からどうにか脱出

セミナー会場からカフェに場を移し、そんな感じで勧誘をされていましたが、何とか交わしながら受け答えをしていました。

幸いしたのが、一緒に居た同じく誘いを受けた方が、バチバチにMLM(ネットワークビジネス)を否定していたこと。

  • 騙された気持ちになった
  • 友達を巻き込みたくない
  • やる気は一切ない

断りたいけど曖昧な答えをする私と違い、ストレートな回答で先輩も引きつり気味に・・・

時間も1時間以上経ち、勧誘が上手く行かなそうと感じたのか、やっとお開きに。

帰り道の電車は先輩と同じ方面で色々と話されましたが、私はできないですと伝えて改めて断り、勧誘から何とか逃れることができました。

ちなみに、そのセミナーとは関係の無いらしい交流会の誘いを受けましたが、完全に信用できなくなってたのではっきりとお断り。

ニュースキン関係なのか、ただの交流会だったのかは不明です。

ニュースキンの勧誘を体験して感じたこと

ニュースキンの勧誘を体験して感じた点は3つです。

先輩に裏切られた気持ち

一番は、ある程度信用していた先輩に裏切られたと感じたことです。

私は純粋に勉強するためにセミナーに行きましたし、先輩も信用していたのですが、今まで話し掛けてくれたり飲みに誘ってくれてたのは、自分の事をお金になると考えていたと感じ、非常に悲しくなりました。

もし、本当に良いセミナーで広く周知すべきなら、わざわざセミナーの内容を隠す必要も無いですし、飲みの席でニュースキンの名前を出しても良いはずです。

でも、その事実を隠してセミナーに誘ったのは、世間的な目が気になり、どうにか私を欺いてセミナーに呼ぼうと考えたのだと思います。

セミナーに連れていけば、私が勧誘に乗って資金源になると思われていたのは、残念ながら悲しい事実です。

セミナーの異様さ

セミナーの異常さも、ニュースキンの勧誘を受けて感じた点です。

ニュースキンのようなMLM(ネットワークビジネス)の異様なセミナーの様子は、噂で聞く事はありましたが、実際に体験してみるとやはり異様な空間だと感じました。

私のように、事実を伏せられたままセミナーに誘い、半分近い会員がサクラとなり同調圧力を強めていく。

サクラで雰囲気を作り上げる方法は洗脳手段の1つで、悪徳宗教も使う方法です。

多少なりとも知識があったので私は勧誘に乗らずに済みましたが、友達を信用している人や、雰囲気に飲まれてしまった人は、洗脳されて会員になってしまう可能性は高いです。

ニュースキンの違法勧誘と犯罪、法律との関係

さて、ニュースキンの勧誘の体験談をお伝えしましたが、全て違法勧誘です。

ニュースキンは、特定商取引法や連鎖販売取引法を遵守することで合法ビジネスとなります。

特に問題になっているのが、勧誘をする目的を告げないで誘う行為です。

相手を勧誘するとき、つまりアポ取りする段階で「ニュースキンを勧誘したいけど、いいですか?」と相手の承諾が必要となります。

この承諾がなく、ニュースキンを勧誘すると罪になりますし、訴えられたら前科者になります。

過去に、数社が行政処分を受けていますし、それだけ世間だけでなく、行政側も厳しく見ているわけです。

今はリアルで勧誘するよりも、インターネットを使った勧誘をする人が増えています。

だからと言って、目的を告げずに勧誘をしていいとは限りません。

ただし、極一部の会員が違法行為をしており、多くの会員は法律を守って活動されています。

MLMのニュースキンにハマってしまった後のやばい未来

MLMのニュースキンにハマってしまった後のヤバイ未来ニュースキンにハマってしまった人のやばい未来について、いくつかご紹介します。

人間関係が崩壊してしまう

ニュースキンにハマってしまった人は、その後の将来もやばくなってしまうことがあります。

ニュースキンに参加することで人間関係が崩壊してしまい、日常生活が辛くなってしまうことがあるため、注意が必要です。

人間関係が崩壊してしまう原因の一つとして、ニュースキンの会員になると、親友を含む自分の友人に対して、相手にとっては迷惑と感じる勧誘活動を展開していこうと考えてしまう場合が多いことが挙げられます。

その結果、ニュースキンやネットワークビジネスにマイナスイメージを持っていた人や、勧誘そのものを嫌っている人からは特に距離を置かれるようになってしまうことでしょう。

ニュースキンの勧誘を必死になって続けていると、気づいたときには既に大半の友人を失ってしまっていた、ということになってしまう場合も珍しくありません。

借金地獄にハマってしまう

ニュースキンにハマってしまうと、結果的に借金地獄にもハマってしまう場合が少なからず見られます。

ニュースキンのディストリビューターとして活動して利益を得たり、タイトル(報酬ランク)を維持するためには、販売利益を上げる必要があります。

そのためには、ニュースキンでは化粧品などの商品をまずは会員が購入し、少なからず在庫を持たなければならないという仕組みがあります。

もしニュースキンでの利益を大きくしたい場合には、商品を予め大量に購入し、たくさんの人を勧誘する必要があるため、まとまった出費が発生してしまうことを避けることはできません。

その結果として、在庫の購入のためのお金を十分に調達することができず、借金をしてしまい、返済に追われてしまう人も少なくありません。

ノルマを達成するためにストレスを抱える

ニュースキンにハマると、ストレス地獄にハマってしまってやばいということも挙げられます。

ほとんどの人がネットワークビジネスを始める理由としては、「稼ぎたい」という場合がほとんどの割合を占めていますが、その目標のために、大きなストレスを抱えてしまうことは少なくありません。

ニュースキンで稼ぐためには高いランクのタイトルを取得する必要がありますが、そのためにはノルマを達成しなければならない仕組みとなっています。

ニュースキンで大きく稼ぐためには、できる限りたくさんの人を勧誘し、ダウン(下層の人間)をたくさん抱えることが必要不可欠です。

ストレスを常に抱えながら勧誘を続けたことが原因で体調を崩してしまうリスクもあるということは、ニュースキンがやばいと言われる大きな理由の一つとして挙げられます。

【体験談】 ニュースキンのやばいと言われる勧誘の上手な断り方は?

【体験談】 ニュースキンのやばいと言われる勧誘の上手な断り方は?

ニュースキンなどのMLM(ネットワークビジネス)では知らない人からより、親しい友人からの勧誘が一番厄介ですよね!

仲良しの友達を傷つけずに、どんな断り方をすればいいのか?どうすれば気まずくならないのでしょうか?

長年の付き合いを考えると、「あまり強く言うのはちょっと……」としり込みしてしまいます!

そこで、上手く断ることに成功した人達の体験談をまとめました!

  • 人脈も無いし、人を勧誘するのが苦手とアピール
  • 「ウチの会社は副業出来ないから」と勤務先の都合で出来ないことをアピール
  • 「ネットワークビジネスに興味はない」と正直に言う

冷静に考えれば、相手はこれまでの関係性を利用してMLM(ネットワークビジネス)に勧誘しているともうけとられますが、もしかしたら、自分の事を思って「素晴らしビジネスを伝えたい!」と親切心から話してくれている人もいるようです。

友人:みさきの体験談

某A社大手のMLM(ネットワークビジネス)に参加したという田中さんから久々のランチのお誘いがあり、カフェに到着すると全く知らない50代の女性が2人待っていました。

なんでも、とてもお世話にっている人だと言います。

将来の年金の不安の話や、パートの話などをしていると、突然「権利収入」「頑張れば稼げる」という話が始まり、A社のカタログが出てきました。

「まさか・・あの話か?!」みさきの予想通りMLM(ネットワークビジネス)の話でした。

友人田中さんの顔もあるので、その場では断らず、ランチの後LINEではっきりと「興味がない」と伝えたことろ、何度か連絡がありましたが、都度断っていたらあっさりと勧誘が止まったようです。

自分が本当に不要だと思うならば、義理で登録しても、後々解約するかもしれないならば相手に遠慮せず、ここははっきりと正直に言う断り方が必要ですね。

合わせて読みたい記事

やばいと言われるニュースキンの売れ筋商品の特徴と評判は?

ニュースキンの売れ筋商品の特徴と評判は?

コスメ系の口コミサイトの@COSMEでニュースキンの製品の評判を確認してみました。

ageLOCガルバニックスパの評判は、概ねいいようです。

エンハンサーの評判は、わかれるようです。

ageLOCガルバニックスパ

エンハンサーの評判

また、ここには載せていませんが、中には、「製品は気に入ったけれど、あの会社(企業)を通して購入するのは嫌だったのでAmazonで購入した」という内容の口コミもありました。

MLM(ネットワークビジネス)の会社だから、ということなのでしょう。

アットコスメの⼝コミランキングやAmazonランキングを⾒ると、トップ10に⼊っているすべてのニュースキン製品がフェイスケアになっています。

ニュースキンの主⼒が基礎化粧品であることがよくわかります。

なかでも特筆すべき⼈気となっているのが、洗顔料であるクレンジング剤です。

クレンジングフォーム、クレンジングジェル、クレンジングオイルの3種類がトップ10⼊りしています。

化粧をするだけでなく、きれいにメイクを落とす、肌の基礎代謝などに気を配る⼥性が増え、そのニーズに応えた製品といえるでしょう。

その他にも保湿作⽤などを持つ、基礎化粧品が多く上位を占めているところからも、「基礎を⼤切にして肌をいたわる⼥性」の⼈気を特に集めているようです。

こうしてみると、ニュースキンは若い⼥性層に⽀持されている製品が⼈気となっている特徴があると⾔えます。

ニュースキンの製品はネットショップ購入がお得?

ニュースキンの製品は、一般会員の「ショッピングメンバー」、または、ビジネス会員の「ブランドメンバー」になれば、ニュースキンのホームページで購入できます。

また、会員でなくても、Amazonなどからも購入することはできます。

例えば、エンハンサー(参考小売価格3,270円)は、Amazonだと2,398円ですが、ニュースキンの会員価格は2,173円で、会員になるとAmazonで買うより約200円ほどですが安くなっています。

一方、別の小売りでは3,398円で販売されているケースもあります。

仮に、会員になって2,173円で購入し、3,398円で販売するとすると、単純に考えると1,225円の利益が出ます(送料は別)。

製品のポイント
  • 製品はエイジングケア、パーソナルケア、栄養補助食品の3つがある。
  • 製品の宣伝にはメディアが積極的に使われ、動画での製品の紹介も充実している。
  • 会員になれば、ホームページで製品を購入できる。
  • 会員でなくても、Amazonなどで製品が手に入る。

MLMのニュースキンの報酬プランって?

ニュースキンの報酬プランって?

ニュースキンは、2018年7月に新報酬プランを出しました。

これにより、独自の名称が多く存在します。

まず、ニュースキンでビジネスを行う会員をブランドメンバーと言います。

ブランドメンバーには、自己消費を目的として卸売価格で製品を購入する愛用者型のブランドメンバーと、スポンサリングや製品販売などのビジネス活動を行うビジネスビルダー型のブランドメンバーがいます。

ニュースキンの2つの稼ぎ方

ブランドメンバーが報酬を得る基本的な方法として、以下の2つが用意されています。

  1. ブランドメンバーは、卸売価格で購入したニュースキン製品を顧客へ再販できます。
    ニュー スキンでは、目安として参考小売価格を提示していますが、ブランドメンバーが独自に価格を設定し、差益による小売利益を獲得することも可能です。
  2. ブランドメンバーは、自分とダウンラインのブランドメンバーの製品購入実績に基きボーナスを取得できます。

ニュースキンのランクアップと維持条件

いったん維持条件を満たせず降格してしまう場合、⼀気に下まで落ちて「スタートに戻る」のがニュースキンです。

ニュースキンでブランド レプリゼンタティブ(代理店)になるためには5か⽉以内に約80万円の売り上げを上げることが条件で、⼀度ブランド レプリゼンタティブ(代理店)になると3ヶ⽉で80万円〜100万円程度の売り上げを継続しなくてはなりません。

失敗すると、翌⽉から暫定エグゼクティブのランクに降格され売り上げを取り戻せなかった場合は翌々⽉にはスタートラインのブランドメンバー(ディストリビューター)に戻ってしまいます。

そして、降格から6か⽉以内にブランド レプリゼンタティブに復帰できなかった場合、⾃分の傘下に構築したダウンラインも失うことになります。

ロールアップについては賛否ありますが、何もしない(維持条件を満たせない)⼈に収⼊がいつまでも⽀払われ続けることがない、という点では組織の新陳代謝も促せる理にかなった仕組みという⾒⽅もできます。

報酬プランのポイント
  • 小売利益を獲得するやり方とダウンラインの購入実績によって稼ぐやり方と2とおりある。
  • ブランドレプリゼンタティブを達成、維持するとビルディングボーナスが発生する。
  • ブランドレプリゼンタティブを育成することで、ブレイクアウェイの報酬が発生する。

MLMのニュースキンは稼ぎやすい?

ニュースキンは稼ぎやすい?

ニュースキンの報酬プランのシステムは、ブレイクアウェイ式の典型的な例であり、このプランの特徴がシンプルに表れています。

巨大な組織を作ってリーダー格のダウンラインを幾つも抱えることのできる人はブレイクアウェイによって大きな報酬の発生を期待できる報酬プランですが、それはほんの一握りの数の人にとってであり、小さな組織を作ることから始める大多数の初心者の人にとっては、このシステムはきわめて金銭的負担のハードルが高いです。

わかりやすい例が、ビジネスをやる上で重要なタイトルとして先に述べたブランドレプリゼンタティブで、本気で稼ぐことを考える人は、まず、このタイトルを達成しなければ話が次のステップに進みません。

ところが、このブランドレプリゼンタティブを達成したり維持したりするための条件がMLM(ネットワークビジネス)の中でも随一の難度を誇ります。

6ヶ月以内の申請期間の間に、4シェアリングブロック(2,000ポイント = 約250,000円)、かつ、それを含む12ビルディングブロック(6,000ポイント = 約750,000円)の購入、そのうち、毎月最低でも2ビルディングブロック(1,000ポイント = 約125,000円)の達成が条件ですから、容易ではありません。

期限付きというのも厳しいですが、さらに、達成した後にそれを維持するための毎月4ビルディングブロック(2,000GSV)の購入という条件もずっとついて回る、ということですから、よほど本格的なセールス集団でも構築しなければ組織を維持していくのも並大抵のことではないはずです。

紹介の数をなるべく多く出して負担をちょっとずつ皆で仲良く分け合ってもらう、というやり方が最も手堅そうですが、それにしても、このプランだと、普通は欲張って不必要な買い込みに走って月々の負担を苦しむケースが多発しやすいはずで、金銭的負担に耐えられずに離脱していく末端が少なからず一定割合で発生するのではないでしょうか。

MLM(ネットワークビジネス)の初心者が手を出すなら、よほど覚悟を持って始めるべきビジネスだと言えるでしょう。

ニュースキンは稼ぎやすい?
  • まずは、ブランドレプリゼンタティブを達成、維持することが成功のカギになる。
  • 初心者には相当厳しいと認識し、覚悟するべし。

もう友達は勧誘したくない!その悩みを解決!

MLM(ネットワークビジネス)で一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。

ビジネスを切り出せないし、勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。

でももし、人脈が無限に増える!ネット集客を使ったリストを集める方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

私が活動しているMLM(ネッワークビジネス)をご案内

私が活動しているMLM(ネッワークビジネス)をご案内

なぜ、私が活動しているMLM(ネットワークビジネス)で成功者が続出するのか

自分の金儲けのために人を勧誘したり、商品を販売したりするのがMLM(ネットワークビジネス)ではありません。

自信をもって紹介できる製品を口コミによって広げ、困っている人を高品質の商品によって助けるのが本来のMLM(ネットワークビジネス)です。

私の活動しているチームでは、こうしたビジネスでの原則はもちろんのこと、成功までの手順やチーム生の募集を含めてすべての全員でサポートを行っています。

その結果、成功者が続出しています。

所属するチームが悪ければ、どれだけ頑張っても成功することはありませんし、あなたがMLM(ネットワークビジネス)で成果がでないのは、言葉は悪いですが教わっている人が悪いといえます。

このサイトを熟読していただければ、MLM(ネットワークビジネス)で展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。

そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

MLM(ネットワークビジネス)をインターネットで展開したい方、自宅にいながらMLM(ネットワークビジネス)を攻略したい方は、私自身が現在進行形でどこのMLM(ネットワークビジネス)を行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

そこで私の活動しているチームでは、強引な勧誘はせず、健全・堅実なビジネスを求めている人だけチーム生として募集しています。

感謝されるビジネスだけを行いたい人だけ、以下から申込みを行うようにしてください。

これからご紹介します!

現代のMLM(ネットワークビジネス)に残された唯一の成功法

現代のMLM(ネットワークビジネス)に残された唯一の成功法

口コミMLM(ネットワークビジネス)頑張ってきたあなたなら、もう、おわかりでしょう。

そうです、人脈が尽きるし、アップがダウンに対して、うまくいったやり方をそのまま教えることができない!

さらに、活動の為に必要な時間と行動量は莫大なものだったはず。

もはや、口コミ手法は現代のMLMに通用しません!

現代MLMにビジネスに残された唯一の成功法

時間も人脈もないあなたが成功できる唯一の成功法

それが

インターネット(アフィリエイト・オンライン)集客

 

もう人脈が尽きることはありません。

セミナーで出かける事もありません。

ビジネスに興味がある人だけを集客しましょう。

ビジネスに興味がない友人を誘うのはやめましょう。

1日24時間、1年365日、自動集客しましょう!

あなたが寝ている間も休みなく集客してくれます。

あなたではなく、システムに働いてもらいましょう。

詳細は『Symphonia 無料講座』より

かんたん らくらく 集客システム

MLM無料講座の詳細はこちら