MLMで【アポ取り名人になれる方法】教えちゃいます!

ブーちゃん

MLM(ネットワークビジネス)の活動を⾏う上で、⼀番最初の壁はアポ取りでしょう。

MLM(ネットワークビジネス)で成功するためにはアポ取りが欠かせない仕事です。

そして多くの方は、この壁を乗り越えられず、MLM(ネットワークビジネス)活動をやめていくのが現実です。

実際、私もこのアポ取りで苦戦し、ネットワークビジネスの活動をやめた経験があります。

ではアポ取りの上⼿な⼈は、どのようにされているのでしょうか︖

今回は、アポ取りで成功するためのコツと、実際に私がやってきたアポ取りについてお話しするんだブ~

人脈が無限に増える!ネット集客を使ったリストを集める方法知りたくないですか?

あなたの知らない成功法

MLM(ネットワークビジネス)のアポ取りでやらなければいけないこと

まずアポ取りをする際、絶対にやらなければいけないことがあります。

それはMLM(ネットワークビジネス)の話をすることを相⼿に伝えることです。

アポ取りでMLM(ネットワークビジネス)の話を伝えないと罰せられます!!

MLM(ネットワークビジネス)のアポ取りでやらなければいけないこと

みなさんはこんな経験はないですか︖

疎遠だった知り合いから、突然電話やメールがきて、

  • 『久々にご飯でもどう︖』
  • 『最近すごい⼈と知り合いになったからあってみない︖』
  • 『今度すごく⾯⽩い話があるから⾏かない︖』etc…

私も実際にこのセリフで、アポをとったりとられたりしました。

でも今は、特定商取引法(特商法)という法律で、ネットワークビジネスを隠してアポ取りをすることを、禁じられています。

なのでアポを取る前にネットワークビジネスの話をすることを必ず相⼿に伝えて下さい。

MLM(ネットワークビジネス)で成功するアポ取りの秘訣とは︖

MLM(ネットワークビジネス)で成功するアポ取りの秘訣とは︖

ではアポ取りが成功しやすい⽅法とは︖

まずアポ取りには

  1. 電話やメールで『ネットワークビジネスの話』であることを最初に伝える
  2. 2回⽬以降に会った時に伝える

というパターンがあります。

2つのうちでどちらのアポ取りがいいのか?これは一概には言えません。

相手の状況やあなたのスキルによってどちらが良いのかは変わってきます。

MLM(ネットワークビジネス)と予め言っておく方法は、法律をきちんと守っていますがかなりのスキルが必要となります。

電話のアポ取りの段階で「MLM(ネットワークビジネス)です」と言うわけですから、もし相手がMLM(ネットワークビジネス)に対してネガティブなイメージを持っている場合、電話でネガティブイメージをケアしなくてはなりません。

ネガティブイメージをケアしながら、こちらのMLM(ネットワークビジネス)に興味付けします。

これはかなりのスキルを必要としますので、自信が無い人にはお勧めできません。

相手がMLM(ネットワークビジネス)に興味がある人であればこのやり方でもOKです。

1の場合は、会う前に相⼿の反応がわかります。

アポ取りでMLM(ネットワークビジネス)の話である事を伝えないと罰せられます。

興味がある⼈にだけ会えばいいので、効率的にはすごくいいと思います。

ただし、ほとんどの相⼿は、いきなり『ビジネスの話』をされても︖︖となるか、不信に思って会うことすらできないでしょう。

次に②の場合ですが、こちらの⽅が⼀般的にみなさんが成功されるアポ取りの⽅法です。

MLM(ネットワークビジネス)のアポ取りのコツ

MLM(ネットワークビジネス)のアポ取りのコツ

成功するアポ取りの⽅法=しゃべりすぎない

アポ取りの段階でMLM(ネットワークビジネス)と言わないやり方のコツは、電話で多くを話し過ぎないことです。

会う場所と時間だけ決めます。

私のダウンラインの方たちで、アポ取りがうまくいかない人は電話の段階で話し過ぎている傾向にあります。

相手からいろいろと質問されて、ついついその時に答えてします。

相手は、最初はぜひ会おうと言っていたのに、何かを察知してアポを断ってくる。ということがあります。

これは典型的なアポ取りの失敗例です。

そうならないためにも、電話のアポ取りの段階では、最低限必要なことだけを決めます。

場所と時間です。

これは、電話に限らずメールやLINEでも同じことが言えます。

まずは会う。

会う⽇取りだけ決めて、余計なことや、製品・ビジネスの話を話すぎないことが、アポ取りの成功のポイントになります。

そして日程は、相⼿の都合ではなくこちらが指定していきます。

次に会う当⽇ですが、その⽇はMLM(ネットワークビジネス)の話を伝えることができなくてもOKです。

相⼿と普通の会話をしながら、その⼈との会話を楽しんでください。

その⽇は完全に聞き役に徹して、相⼿の抱えている悩みや不満、不安を聞き出します。

すると相⼿は、⾃分に興味をもってくれていると感じてあなたに親近感をもち、逆にあなたのことも⾊々聞いてくるでしょう。

その時がMLM(ネットワークビジネス)の話をするチャンスです。

しかし、そこでもしゃべり過ぎてはいけません。

これが成功するアポ取りのコツです。

必ず別の機会に、改めて話をする場(会社説明会やセミナー、ABC)をセッティングして下さい。

ABCとは
Aは、【Adviser】の略。
説明する役の⼈、つまり⾃分の紹介者や更にその上のアップのことです。
Bは、【Bridge】の略。
橋渡し役の⼈、つまり⾒込み客を連れてくる⼈のことです。
Cは、【Customer】の略。
⾒込み客のことです。多くの場合は友⼈知⼈となります。
「ABC三⼈が会い、Bの代わりにAが説明その他をする」という⼀連の⾏動をABCといいます。

そうすることで、相⼿にワクワク感や期待感を持たせることができ、実際に話を聞いた時に、先⼊観なしで聞いてもらえる確率が⾼くなります。

もし相⼿が難⾊をしめしたり、興味がなさそうであったり、あなたのことを聞いてこなければ︖

そこでMLM(ネットワークビジネス)の話は終了して下さい。

少し時間をおいてまた会うことで、相⼿の環境や考えが変化して、逆に向こうから聞いてくることもよくあることです。

なので焦らず相⼿のタイミングに合うまで今まで通り会って、その時が来たらお話してあげたらいいのです。

MLM(ネットワークビジネス)アポ取りオープニングはインパクト

MLM(ネットワークビジネス)アポ取りオープニングはインパクト

アポ取りの段階で「MLM(ネットワークビジネス)」と言うやり方の場合のコツです。

オープニングはインパクトある言葉がおすすめです。

相手の興味を一瞬で惹きつけて、こちらの話のペースに巻き込みます

例えば、「私、実は魚だったの!」と言われたら、「えっ、何それ!」となりますよね。

このように相手の頭の中に「えっ、何ですって!?」と思ってもらえればいいのです。

そう思ってもらえるようなインパクトあるトークをあなたなりに考えて試してみてください。

グループの仲間と共にトークを考えてみてもいいですし、お互いにアイデアを出し合って、ロープレなどで練習して試してみてください。

MLM(ネットワークビジネス)アポ取りの電話は仲間と共に

MLM(ネットワークビジネス)アポ取りの電話は仲間と共に

実際にアポ取りをする時は、気持ちが重くなかなか行動できません。

なぜなら、断られるかもしれないと言う恐怖から動けなくなってしまうからです。

こんな笑い話があります。

「電話の受話器がバーベルのように重く感じる」

こちらが電話しているのに心の中では「出るな、出るな」と思ってしまう。

さて、相手からの拒絶の恐怖を乗り越えて、楽しくアポ取りをする方法があります。

ズバリ、仲間と共にアポ取りをします。

例えば、何かのトレーニングを開催していたとして、そのトレーニングの終わり5分間だけ、みんなでアポ取り大会をするんです。

5分というと短い時間ですが、この時間にみんなでアポを取るぞと決まっていれば、自然と電話ができるものなのです。

そして、みんなでやっているから面白いのです。

何かしらのトレーニングの時には必ず最後の5分は毎回アポ取り大会にすると決めておけば、普段はなかなかアポ取りが出来ない人も頑張れます。

このアポ取り大会をやることによって、アポ取りでうまくいった経験ができ、その後はひとりでもアポ取りができるようになった人もいます。

まとめ

  • アポ取りは2種類に分かれます。アポの段階でネットワークビジネスと言うやり方と、MLM(ネットワークビジネス)と言わないやり方です。
  • アポの段階でMLM(ネットワークビジネス)と言うやり方は、高度なスキルを必要とします。
  • アポの段階で、MLM(ネットワークビジネス)と言わないやり方は、アポを2段階にしないと法律に違反する可能性がある。
  • アポ取りのオープニングは、インパクトある言葉で相手の興味を惹きつけます。
  • アポ取りのコツは、多くを話さないことです。場所と時間だけ決めればOKです。
  • アポ取りは、仲間と共に短時間集中で取るアポ取り大会がおすすめ。
  • ・相手がMLM(ネットワークビジネス)に興味がある人であれば、電話ではなくメールでもアポが取れる。

最後に『従来の⼝コミMLM』を難しくさせる2つの理由

最後に『従来の⼝コミMLM』を難しくさせる2つの理由

理由 その1

「ABCは、個⼈の能⼒のみで戦う⼀発勝負」だからです。

よく⾔われる、「出たとこ勝負」というやつです。

機転とセンスが、物を⾔います。

理由 その2

「勧誘できる⼈(リスト)が少なすぎる」からです。

どのような報酬プランであろうと、安定収⼊を得るには数⼗⼈以上のリクルートが必要です。

そのためには、数百⼈の勧誘できる⼈(リスト)が不可⽋なのです。

「⼝コミMLMの⼿法」が間違っているとは⾔いません。

私はその分野のプロでもあります。

・・・だからこそ申し上げたいのです!

⼝コミMLMの⼿法で、初⼼者(普通の⼈)が成功することは、限りなく不可能に近い。

⼗万円の安定収⼊でさえ、難しいでしょう。

このことは、⼤半の⼈々が失敗に終わってしまった・・・という事実が⽰しています。

ほぼ全員が稼げなかった「⼝コミMLM」・・・それでもあなたは続けますか?

さらに、重⼤な被害についてもお伝えします。

それは・・・⾦銭的な被害です。

MLM(ネットワークビジネス)による⾦銭的被害

初期費⽤と収⼊獲得条件など、ランニングコストによる被害が激増しています。

「最初にこれだけ購入すれば、こんなすごい報酬プランが適⽤されます!」

という説明に乗せられて、『まとめ買い』をしてしまう⼈が多くいます。

報酬プランというのは、組織を作れた⼈が⼿にする恩恵です。

5万円10万円20万円30万と「まとめ買い」をする

「ハイリスクMLM」でいいのでしょうか?

ほとんどの⼈が、メンバーを増やすことなく、失敗しているじゃないですか!

まとめ買いを伴う、「犠牲の上に成り⽴つビジネス」では、初⼼者(普通の⼈)は犠牲者となってしまいます。

また、⽉々のコストも、厳しい企業が多いです。

収⼊獲得条件やタイトル維持条件などで、かなりの無理を続けなければならないのです。

経済的負担が⼤きいMLMに、どれほどの⼈が参加するでしょうか?

どれほどの⼈が継続できるでしょうか?

副業者(初⼼者)や普通の⼈でも成功できる報酬プランは?

すごい報酬プランだから・・・

ではなく、リスクの問題です!

MLM(ネットワークビジネス)は、リスクゼロが理想なんです。

初⼼者(普通の⼈)が成功を望むなら・・・

「ハイリスクMLM」ではなく、「リスクゼロMLM」を選択しましょう!

⼝コミMLMで成功できる時代は終わっています。

  • インターネット集客MLM
  • リスクゼロMLM

この2つの条件がそろってこそ、成功できるMLM(ネットワークビジネス)なのです!

参考記事

健全・堅実なMLM(ネットワークビジネス)とはどういうものなのか、ビジネスを成功に導くインターネット集客とはどういうものなのか、より詳しく知りたい⼈はSymphonia講座をご受講ください。

現代MLMにビジネスに残された唯一の成功法

時間も人脈もないあなたが成功できる唯一の成功法

それが

インターネット(アフィリエイト・オンライン)集客

 

もう人脈が尽きることはありません。

セミナーで出かける事もありません。

ビジネスに興味がある人だけを集客しましょう。

ビジネスに興味がない友人を誘うのはやめましょう。

1日24時間、1年365日、自動集客しましょう!

あなたが寝ている間も休みなく集客してくれます。

あなたではなく、システムに働いてもらいましょう。

完全無料、完全在宅で受講できます!

詳細は『Symphonia 講座』より

かんたん らくらく 集客システム
MLM無料講座の詳細はこちら