MLMの【市場規模】から見えるこれからのMLMの可能性とは

男子

MLMの市場規模が知りたい!

女性

MLMの可能性が知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • MLMの市場規模 不景気は無関係、増え続ける市場
  • MLM(ネットワークビジネス)と他業界の市場規模比較
  • なぜ、私が活動しているSymphoniaで成功者が続出するのか
  • 現代のMLM(ネットワークビジネス)に残された唯一の成功法
こうじこうじ

本記事の信頼性

MLM研究所では、「キャリア30年のカリスマ講師より、MLM成功法を学んだ」こうじが監修しています。

多くの皆さんに成功法をシェアできればと思います。

それでは早速見ていきましょう。

ネットワークビジネス(MLM:マルチレベルマーケティング)を行う上で、他業界と比較したネットワークマーケティングの市場規模を知っておくことは重要です。

異業界とMLM(ネットワークビジネス)の市場規模を比較することで、MLM(ネットワークビジネス)の可能性を再認識することができます。

例えば、MLM(ネットワークビジネス)業界の市場規模は約1兆円といわれています。

これは、市場規模が約6500億円である遊園地やテーマパークの倍近い値となっています。

こうした他業界と比較することで、MLM(ネットワークビジネス)が「どれだけ成功できる可能性があるビジネスか?」ということがわかります。

そこで今回は、「ネットワークビジネスと他業種の比較」について解説します。

人脈が無限に増える!ビジネスに興味がある人だけを集める方法知りたくないですか?

あなたの知らない成功法

MLMの市場規模 不景気は無関係、増え続ける市場

日本のMLM(ネットワークビジネス)市場規模のその勢いは止まることを知りません。

その内訳として近年の老齢化社会による社会構造の変化がMLM(ネットワークビジネス)企業に追い風になったと思われます。

健康保険料の高騰による代替医療の見直し、健康志向者の拡大、規制緩和など、その主力商品をサプリメント、健康食品に置くMLM(ネットワークビジネス)企業にとってはまさに大きなビジネスチャンスが継続しているのです。

そして近年、MLM(ネットワークビジネス)で流通する商品も健康食品、美容商品はもとより、生活雑貨、保険、インターネット端末など多種多様になってきており、今後もあらゆる商品がネットワークビジネスで流通される予測がされています。

MLM(ネットワークビジネス)の本場アメリカでは、家、車、電化製品、燃料、光ファイバーなど一般流通で販売されている商品の99%がネットワークビジネスでも流通されています。

また、もう一つの社会構造の変化としてバブル経済崩壊による年功序列、終身雇用、リストラ、ボーナスカットなどによる収入の不安、将来への不安が小資本で始められるビジネスとしてのMLM(ネットワークビジネス)メンバーの増大に繋がったと思われます。

例えば、MLM(ネットワークビジネス)会社として有名な「日本アムウェイ」は、2014年12月期の売上報告は約970億円です。

また、「ミキプルーン」の販売で有名な「三基商事」は、同時期の売上が700億円と報告されています。

こうした数値だけ見ても、日本においてMLM(ネットワークビジネス)がどれだけ規模の大きなビジネスとなっているかが想像できます。

ちなみに、日本のMLM(ネットワークビジネス)市場は、世界の中でもアメリカに次いで第2位の大きさになっています。

そして、MLM(ネットワークビジネス)で販売している商品には、サプリメントや健康食品、化粧品といったように、健康に関する商品や美容関係の製品が多くあります。

高齢化が進む中で、健康志向が高まっている日本において、こうしたサプリメントや健康食品は今後も需要が伸びてくることが予測されます。また、化粧品といった美容製品に関しては、どの時代においても女性に求められるものであるため、需要がなくなることはありません。

このように、日本においてネットワークビジネスは、既に市場規模が非常に大きい上に、今後も規模が拡大していくことが期待される業界だといえます。

MLM(ネットワークビジネス)と他業界の市場規模比較

MLM(ネットワークビジネス)と他業界の市場規模比較

MLM(ネットワークビジネス)業界の市場規模を確認するだけでも、MLM(ネットワークビジネス)は「可能性があるビジネスである」ということがわかります。

またそれだけではなく、MLM(ネットワークビジネス)と他業界を比較してみると、さらにMLM(ネットワークビジネス)の市場について理解することができます。

例えば、腕時計業界の市場規模は、MLM(ネットワークビジネス)より小さく、約9000億円となっています。

その他にも、ゲーム業界は需要が非常に高く市場規模が大きいジャンルですが、それでも売上は約1兆2000億円です。

つまり、MLM(ネットワークビジネス)業界と2000億円しか変わりません。

また、MLM(ネットワークビジネス)主宰会社と他業界の会社における、2014年の売上比較を以下に記します。

ネットワークビジネス主宰会社

  • 日本アムウェイ:967億9400万円
  • 三基商事:700億円
  • フォーデイズ:413億7900万円
  • ニュースキンジャパン:345億円
  • アシュラン:272億円
  • ナチュラリープラス:234億1000万円
  • ノエビア:229億円
  • フォーエバーリビングプロダクツ:196億円
  • シャルレ:186億1300万円
  • モリンダジャパン:180億円
  • ベルセレージュ本社:175億円
  • モデーアジャパン:160億円

他業界の会社

  • 東映:1122億円6300万円
  • ディーエイチシー:1029億4600万円
  • 吉野家:953億1800万円
  • 東急ハンズ:879億円
  • コナカ:691億3000万円
  • 大塚家具:555億100万円
  • エステー:482億6300万円
  • オリジン東秀:463億1800万円
  • スタートトゥデイ(zozotown):411億8200万円
  • ジェイアイエヌ:406億9800万円
  • アレフ(ビックリドンキー):377億円
  • カタログハウス(通販生活):264億7000万円
  • タリーズコーヒージャパン:252億3400万円
  • 星野リゾート:250億円
  • ゼブラ:204億9000万円
  • はなまる(はなまるうどん):201億7500万円
  • 日本サブウェイ:193億7300万円
  • わかさ生活(ブルーベリーアイ):177億1000万円

以上のように、日本のMLM(ネットワークビジネス)会社で最も売上が高い日本アムウェイは、吉野家よりも売れている会社になります。

その他を比較しても、MLM(ネットワークビジネス)会社の多くは、日本で有名な会社と同じくらい、もしくはそれ以上の売上を出していることがわかります。

販売経路別の売上比較

MLM(ネットワークビジネス)主宰会社と他業界の売上を比較すると、MLM(ネットワークビジネス)会社が扱う商品における需要の高さがわかります。

また、MLM(ネットワークビジネス)の多くが販売している「健康食品」と「化粧品」において、販売経路別で売上を比較すると、さらにMLM(ネットワークビジネス)の可能性を理解することができます。

販売経路には、店舗などを構えて商品を売る「直接販売」以外には、通信販売と訪問販売があります。

MLM(ネットワークビジネス)による商品販売は、直接販売でも通信販売でも訪問販売でもありません。

そして、特にMLM(ネットワークビジネス)は、通信販売と訪問販売と比較されることがよくあります。

そこで以下に、健康食品と化粧品におけるMLM(ネットワークビジネス)主宰会社と通信販売会社、訪問販売会社それぞれの売上高ランキングを記します。

健康食品

第一位第二位第三位第四位第五位
MLM三基商事

504億9000万円

日本アムウェイ

417億2500万円

フォーデイズ

349億3300万円

ナチュラリープラス

203億9600万円

ニュースキンジャパン

180億2000万円

通販サントリーウェルス

670億円

ディーエイチシー

526億8400万円

ファンケル

314億1900万円

キューサイ

270億円

えがお

264億円

訪販 ダイアナ

50億円

ポーラ

50億円

白寿生化学研究所

50億円

シュガーレディ

43億3100万円

玄米酵素

28億円

化粧品

第一位第二位第三位第四位第五位
MLMアシュラン

300億円

日本アムウェイ

264億2000万円

ノエビア

256億9500万円

ニュースキンジャパン

180億2000万円

イオン化粧品

73億円

通販 ディーエイチシー

489億6700万円

オルビス

420億円

ジュピターショップチャンネル400億円ファンケル化粧品

395億700万円

ドクターシーラボ

359億1600万円

訪販 ポーラ

846億円

日本メナード化粧品

250億円

ナリス化粧品

165億円

シーボン

139億3400万円

アルソア本社

98億5000円

このように、健康食品と化粧品においてMLM(ネットワークビジネス)会社は、それぞれで比較すると、通信販売や訪問販売よりも売上は低いです。

ただ、全体的に見ると、通信販売や訪問販売とそん色ない位、商品の販売経路として利用されていることがわかります。

今回述べたように、MLM(ネットワークビジネス)の市場は、年々拡大していっています。

また、他業界と比較することでMLM(ネットワークビジネス)市場規模の大きさが理解できます。

こうしたMLM(ネットワークビジネス)市場の現状や将来性を理解することで、さらにMLM(ネットワークビジネス)の可能性を感じることができるようになるはずです。

参考記事

なぜ、私が活動しているSymphonia成功者が続出するのか

なぜ、私が活動しているSymphoniaで成功者が続出するのか

自分の金儲けのために人を勧誘したり、商品を売ったりするのがMLM(ネットワークビジネス)ではありません。

自信をもって紹介できる製品を口コミによって広げ、困っている人を高品質の商品によって助けるのが本来のMLM(ネットワークビジネス)です。

Symphoniaでは、こうしたビジネスでの原則はもちろんのこと、成功までの手順やチーム生の募集を含めてすべてのサポートを行っています。

その結果、成功者が続出しています。

所属するチームが悪ければ、どれだけ頑張っても成功することはありません。あなたがMLM(ネットワークビジネス)で成果がでないのは、言葉は悪いですが教わっている人が悪いといえます。

そこでSymphoniaでは、強引な勧誘はせず、社会貢献までを考えられる人だけチーム生として募集しています。

まずは、健全堅実な感謝されるビジネスだけを行いたい人だけ、以下からMLM無料講座を受講してみて下さい。

現代のMLM(ネットワークビジネス)に残された唯一の成功法

現代のMLMビジネスに残された唯一の成功法

口コミMLM(ネットワークビジネス)頑張ってきたあなたなら、もう、おわかりでしょう。

そうです、人脈が尽きるし、アップがダウンに対して、うまくいったやり方をそのまま教えることができない!

さらに、活動の為に必要な時間と行動量は莫大なものだったはず。

もはや、口コミ手法は現代のMLMに通用しません!

現代MLMにビジネスに残された唯一の成功法

時間も人脈もないあなたが成功できる唯一の成功法

それが

インターネット(アフィリエイト・オンライン)集客

 

もう人脈が尽きることはありません。

セミナーで出かける事もありません。

ビジネスに興味がある人だけを集客しましょう。

ビジネスに興味がない友人を誘うのはやめましょう。

1日24時間、1年365日、自動集客しましょう!

あなたが寝ている間も休みなく集客してくれます。

あなたではなく、システムに働いてもらいましょう。

詳細は『Symphonia 無料講座』より

かんたん らくらく 集客システム
MLM無料講座の詳細はこちら