MLM(ネッワークビジネス)の本場アメリカ事情

男子

MLM(ネットワークビジネス)がアメリカで盛んになった理由が知りたい!

女性

MLM(ネッワークビジネス)の本場アメリカ事情が知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • MLM(ネッワークビジネス)の本場アメリカ事情
  • アメリカでMLM(ネッワークビジネス)が躍進した2つの理由
  • インターネットを生かせる今こそMLMのチャンス
  • あなたを成功に導くMLM(ネッワークビジネス)
こうじこうじ

本記事の信頼性

MLM研究所では、「キャリア30年のカリスマ講師より、MLM成功法を学んだ」こうじが監修しています。

多くの皆さんに成功法をシェアできればと思います。

それでは早速見ていきましょう。

今、韓国では、ネットワークビジネスの大ブームで、市場は3年連続して倍増しています。

そしてネットワークビジネスの本場アメリカでは・・・

健康食品から住宅まで・・・

あらゆる商品がネットワークビジネスで流通しています!

こうじこうじ

アメリカでは億万長者の4割はMLMの関係者だとも言われています。

サラリーマン、OL、主婦はもとより、弁護士、医者、等々・・・

有能なエリート達が、こぞってネットワークビジネスに参加しているんです。


人脈が無限に増える!ビジネスに興味がある人だけを集める方法知りたくないですか?

あなたの知らない成功法

MLM(ネッワークビジネス)の本場アメリカ事情

MLM(ネッワークビジネス)の本場アメリカ事情

MLM(ネッワークビジネス)は、アメリカで第二次世界大戦後に広く一般的化し、日本には1960年代に上陸したビジネス形態です。

当初から、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)と呼ばれていました。

そして今、MLMの本場アメリカでは、健康食品から住宅まで??

あらゆる商品がMLM(ネッワークビジネス)形態で流通しています。

アメリカでは、億万長者の4割はMLMの関係者だとも言るのです。

サラリーマン、OL、主婦はもとより、弁護士、医者等、様々・・・

有能なエリート達が、こぞってMLM(ネッワークビジネス)に参加しています。

MLMの起源と歴史

MLM(ネッワークビジネス)の起源は、1934年創業のアメリカ、カリフォルニアビタミン社が、MLMでの流通形態をとったのが始まりだといいますが・・・

ネットワークビジネスの歴史

MLM(ネッワークビジネス)は、比較的歴史の浅いビジネス形態です。

歴史年表形式にまとめてみました。

MLM(ネッワークビジネス)アメリカの歴史

1930年代の末ごろMLM(ネッワークビジネス)は、アメリカで始まりました。

カリフォルニアに本部がある「カリフォルニアビタミン社」がそのルーツであるともいわれています。

そして1940年代
戦後の混乱の中で、起業家のみなさんが懸命に、フランチャイズシステムとしてのビジネスに取り組む中で広まってきたのです。

フランチャイズといったら、資本さえあれば、ブランドやノウハウが提供され、母体企業の営業マニュアルをそのまま複製(まね)すれば誰にでも起業が可能でその当時とても画期的なシステムでした。

それに対し、MLM(ネッワークビジネス)は、誰もが持っている「よいものに出会っったら、親しい人に教えてあげたい」という素直な気持ちがシステムとして整備されたビジネスともいえます。

戦後の社会が落ち着きを取り戻す中で、家庭と家庭、人と人とのお付き合いが温かく復活し、お互いが見つけた「よいもの」を紹介し合っていた習慣が、MLM(ネッワークビジネス)の歴史の源泉だということですね。

ですから、初期のネットワークビジネスは、家庭に人と招いて、パーティー形式で広める形をとっていたようです。

その後、どの業界にもつきものの悪徳業者が出現して、社会問題にもなりました。

1970年代後半、フランチャイズもMLM(ネッワークビジネス)も、システムとして、正当なビジネスであるという判決が相次いで裁判所でだされ、アメリカでは、社会的一般に認められ、大きく発展してきました。

そして、1970~80年代、90年代のアメリカでは、コンピューターシステムの広がりを受け、洗練されたシステムを備えた大企業が多く立ち上がりました。

アムウェイもその一つです。

また、日本にこのMLM(ネッワークビジネス)という流通方式を伝え、日本でのMLM(ネッワークビジネス)の歴史の始まりの足がかりを作ったのが、このアムウェイですね。

アムウェイの日本上陸は……1959年

日本におけるMLM(ネッワークビジネス)の歴史は、本場アメリカの約20年後から始まったのです。
MLM(ネッワークビジネス)歴史

  • 1959年にアムウェイ上陸
  • 1963年に日本タッパーウェア
  • 1966年に三基商事
  • 1968年にエイボンプロダクツ
  • 1969年:スワイプジャパン
  • 1971年:ノエビア
  • 975年:シャルレ、日本シャクリーなど
  • 1979年:日本アムウェイ開業

 

今現在、日本だけでも1000社以上のMLM(ネッワークビジネス)の会社があります。

そして500万人以上がネットワークビジネスに参加しています。

また4500万人以上の人が商品の愛用経験者とも言われています。

今日本のMLM(ネッワークビジネス)の歴史は、ようやく発展期を迎えているというところでしょうか。
このMLM(ネッワークビジネス)というビジネス形態が、アメリカで大きく伸び、また全世界に広まっていったのです。

韓国とアメリカの現状

今、韓国では、MLM(ネッワークビジネス)の大ブームです。

市場は3年連続して倍増しています。

そしてMLM(ネッワークビジネス)の本場アメリカでは。。。

健康食品から住宅まで・・・

あらゆる商品がMLM(ネッワークビジネス)で流通しています!

アメリカでは億万長者の4割はMLMの関係者だとも言われています。

こうじこうじ

90年代初頭、米国では終身雇用制度が崩壊し、リストラなどの激しい社会変化が起きました。

そんな中、独立起業を求める人が急増したのです!

アメリカでMLM(ネッワークビジネス)が躍進した2つの理由

アメリカでMLM(ネッワークビジネス)が躍進した2つの理由

アメリカでMLM(ネッワークビジネス)が躍進した理由

それは、、、

大きく分けて2つあります。

セールス形式からハイテクビジネスへの変身

昔はアメリカでも、自宅に在庫を持ちながら商品を販売していました。

そして代金回収まで自分で行う必要があったのです。

またMLMの報酬は、アップがダウンラインに分配する必要がありました。

しかし現在ではPCやインターネットの発達により、全て主宰会社が代行します。

アメリカのMLM(ネッワークビジネス)は、昔ながらのセールス形式から、今日の近代的でハイテクなビジネスへと変貌を遂げたのです。

パソコンを使って、全世界のダウンラインの売上も瞬時に計算します。

そして1週間後には全世界のアソシエイトにコミッションを支払えます。

今やMLMビジネスは、最も近代的なハイテクビジネスへと変身したのです。

MLM(ネッワークビジネス)は口コミ販売が基本のビジネスです。

当然、昔はアメリカでも、自宅に在庫を持ちながら商品を販売していました。

そして製品代金の回収まで、メンバーが自分で行う必要がありましたし、MLMの報酬は、アップがダウンラインに個別に分配する必要がありました。

すべてが手作業で大変だったのが想像つきますよね。

しかし現在ではパソコンインターネットの発達により、全て主宰会社が代行するようになりました。

つまり、アメリカのMLM(ネッワークビジネス)は、昔ながらのセールス形式から、今日の近代的でハイテクなビジネスへと変貌を遂げたのです。

生産管理から売り上げの管理、報酬分配まですべての情報管理をパソコンで行うのです。

間違いもありませんし、とにかくスピードが違います

全世界のダウンラインの売上も瞬時に計算します。

そして1週間後には全世界のアソシエイトにコミッションを支払います。

今やMLMビジネスは、最も近代的なハイテクビジネスへと変身を遂げたのです

不況が生んだSOHOビジネス

こうじこうじ

Small Office/Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)、略してSOHO(ソーホー)とは、「パソコンなどの情報通信機器を利用して、小さなオフィスや自宅などでビジネスを行っている事業者」といった意味で使われる場合が多いです。 wikipediaより

90年代初頭、米国では終身雇用制度が崩壊しました。

そしてその後、リストラなどの激しい社会変化が起きました。

そんな環境の中、今の日本に先駆け、独立起業を求める人が急増したのです。

多くの人はラットレースから抜けだそうとしました。

しかし起業には、金銭的な投資とリスクがつきまといます。

そこでSOHOビジネスのコンセプトに人気が集まり、この分野が大成長しました。

というデータがあります!

最終的に多くの人は、SOHOビジネスとしてMLM(ネッワークビジネス)を選択したのです。

しかし起業には、金銭的な投資とリスクがつきまといます。

そこで、金銭的リスクの少ないSOHOビジネスに人気が集まり、この分野が急成長したのです

Inc誌の調べですが↓↓

勤労者の1/3の3900万人が、何らかのSOHOビジネスを持っている。

というデータがありますが……

最終的に多くの人が、SOHOビジネスとしてMLM(ネッワークビジネス)を選択したのですね。

インターネットを生かせる今こそMLMのチャンス

インターネットを生かせる今こそMLMのチャンス

米国の例からも、MLM(ネッワークビジネス)は独立には最善の方法と言えるでしょう。

MLM(ネッワークビジネス)こそ、21世紀の新しいビジネスモデルです。

市場の飽和を気にする人がいますが、インターネットの時代は始まったばかりです。

インターネットを活用すればMLM(ネッワークビジネス)は飛躍的に拡大します。

今この時代に、生きていることがチャンスではないでしょうか!

アメリカは日本の20年先を走っているなどとよく言われますが、昨今の厳しい日本の経済事情を考えてみてください。

今や”自分の身は自分で守らなくてはならない時代”となりました。

本業だけでは心もとないこれからは”副業の時代”と言えるでしょう。

アメリカの例からも、MLM(ネッワークビジネス)は独立起業には最善の方法と言えます。

MLM(ネッワークビジネス)こそ、21世紀の新しいビジネスモデルです。

日本のMLM市場は始まったばかり。

またインターネットの時代も始まったばかりです。

今の時代の特性、インターネットを活用すれば、MLM(ネッワークビジネス)は飛躍的に拡大していくこと、間違いありません。

MLM(ネッワークビジネス)はまさに、これからのビジネス!!

あなたもその歴史の担い手になりたくはありませんか?

ある調査によると、現在MLM(ネッワークビジネス)に携わる日本国内人口は800万人。

かつての日本を支えた建築業界の従事者500万人をはるかに超える数字です。

あなたを成功に導くMLM(ネッワークビジネス)

あなたを成功に導くMLM(ネッワークビジネス)

滅多にないと思いますが、このような会社&グループを探してはいかがでしょうか?

普通の⼈が成功しやすい会社の条件

会社の条件
  • 在宅で完結できるインターネット(オンライン)集客OK
  • ダウンが出来ない⼈でも愛⽤を続けられる製品
  • 健全・堅実・ノーリスク報酬プラン
  • 初⼼者に⼿厚い還元
  • 登録料も年会費も不要
  • ⽇本で知られていない外資⼤企業

あなたが成功しやすいグループ・サポートシステムの条件

グループ・サポートシステムの条件
  • MLM (ネットワークビジネス)に適した集客ツールとその教育環境
  • MLM (ネットワークビジネス)のためのディストリビューター教育環境
  • ⼈材育成&組織構築に優れたキャリアを有する
  • ネットワークビジネス(MLM)成功法の王道をしっかり学べる
  • 資産となり得るネット集客法を習得できる
  • サポート・システムすべてが無料
  • 余計な購⼊をさせない健全・堅実・ノーリスク

やらない理由がない! やめる理由がない!

すべてのリスクの排除!

そんなMLM (ネットワークビジネス)を選択しましょう。

キャリア30年を有するスペシャリストのサポートシステム
Symphonia

さあ、インターネット集客MLMは、今がタイミング!

時間との闘いです。成功を急ぎましょう!

⼝コミなし、⼀⽇24時間、⼀年365⽇、オンライン集客しましょう!

詳細は『Symphonia 講座』より

かんたん らくらく 集客システム
MLM無料講座の詳細はこちら